子猫についてのすべて

子猫が新しく家族のメンバーに加わるとき、それは純粋な喜びの瞬間ですが、この最初のアプローチでは多くの注意を払う必要があります。
子猫が新しい家に慣れるために、安全で快適な環境を準備することが重要ですが、今後の生活の他の側面、例えば、健康、栄養、教育の分野にも気を配らなければなりません。それに加えて、いくつかの小さなアドバイスが役に立ちます。

猫はしばしば独立していると見なされますが、これは彼らにケアが必要ないことを意味しません。子猫を家族の一員として歓迎する最善の方法は何でしょうか?
まず最初に、私たちは、子猫が新しい家に入るときに、すべてが新しく、慣れていない微妙な状況だと考えなければなりません。このため、新しいテリトリーを探索し、周囲の人々を信頼するまでに数日掛かります。まず、安全を感じるためには、周囲で何が起こるのかを隠れて観察するために、特別な場所が必要です。それで、取り巻く環境に慣れる自信が持てるようになります。

あなたの子猫が、新しい家に慣れるためのいくつか適切なアドバイスがあります。

・子猫を飼うということは、平均14年間、長期的に猫と暮らすことを意味します。そのために努力することで、子猫からの全ての愛が報われます。言葉では何とでも言えますが、このことはとても重要です。

・子猫が家に帰るとすぐに安心できるようにするためには、休憩する場所、食べ物や飲み物、そしておそらく最も重要なもの、適切な猫砂が必要です。ゴミを1日1回掃除し、少なくとも1週間に1回は猫砂を交換することが重要です。

・子猫に、家の中で、プレイゾーン、栄養ゾーン、清掃ゾーン、および休息ゾーンに分けて、快適に過ごせるように環境を整えてあげます。

・子猫が、何も敷いていない床で寝ることがないように、非常に寒いので気を付けて下さい。安心して休めるために、チクタク音がする時計を子猫の寝床の脇に置くことも一つの方法です。あまりに静か過ぎても良くありません。手でくすぐることも、子猫にとって飼い主のそばは安全な場所だと感じるでしょう。

・子猫には多くの睡眠が必要です。猫は通常​​、昼寝のチャンピオンで、彼らは生活の3分の2を眠っています。抱擁するためだけに起こさなで、寝かせてあげて下さい。


・同居の最初の週に、狂犬病やクラミジア対策のため、獣医師に行き予防接種することをお勧めします。獣医師を訪問することは、子猫の教育にもなり、他の人に慣れはじめ、交流する方法を学習することになります。

・幼児期の子猫との接触はとても大切です。信頼の絆を深めるには、可愛がり、寄り添ってあげて下さい。これは長期的な関係を構築する方法です。


・猫は本当に活発な動物であり、好奇心も強いです。家の中で子猫が何かすること見守ることが大切です。子猫が装飾品、テントまたはソファで遊ぶのを避けるためには、子猫の性格に適した方法で楽しく過ごさせる必要があります。家庭用おもちゃが役に立つかもしれませんが、子猫の好奇心を刺激するためにおもちゃを変えてもあげることも覚えておく必要があります。手をおもちゃ替わりに使わないで下さい。さもないと子猫は手を攻撃することを覚えます。


・猫はきれい好きな動物で、1日に何回も自分で衛生状態を保ちます。ドライシャンプー、有害でもある化学洗剤で洗うことのないようにして下さい。子猫が髪が汚れたと感じると、自分で舐めますので、噴霧された場合、化学物質を摂取することになってしまいます。


・栄養については、新しい家で過ごす最初の日以降、猫と親しくなるために、主な役割の1つを果たします。高品質のフードを選ぶことは重要ですが、最初の期間は、子猫が慣れたフードを食べさせることが推奨されます。フードの切り替えは、段階的に進めるべきですが、獣医師の推奨に従うことが大切です。1匹の子猫と1匹の成猫は、それぞれに異なる栄養ニーズを持っています。通常、成猫に比べて子猫はさらに空腹で、1日に数回食べる必要があります。



以上のファーストステップ、ファルミナの専門家のアドバイスも踏まえ、子猫は、これから自分の世界で、成長の段階を歩んでいきます。
  

 
おすすめのペットフード:〈チキン&ザクロ〉子猫用