子犬についてのすべて

これから子犬を新しい家族として迎えるために、いくつかの良きアドバスです

子犬が新しく家族のメンバーに加わるとき、それは純粋な喜びの瞬間ですが、この最初のアプローチでは、多くの注意を払う必要があります。
子犬が新しい家に慣れるために、安全で快適な環境を準備することが重要ですが、今後の生活の他の側面、例えば、健康、栄養、教育の分野にも気を配らなければなりません。それに加えて、いくつかのささやかなアドバイスが役に立ちます。

子犬にとって、環境、匂い、音、周囲の人々のすべてが新しいものになるでしょう。これらの理由から、家の最初の印象は、静かで安心できるところ、となることが必要です。子犬は最初は混乱し、徐々に新しい環境に慣れますので、子犬にとって、安全で快適に感じることができる場所が必要になります。子犬用のお家は、決して処罰の場所ではなく、子犬のための心地よいところが大切です。叱責の後、子犬用のお家にすぐに入れるのは避けるべきです。私たちが外出しているときに孤独を感じることを少なくするために、子犬用のお家に私たちの香りがする衣服を残すようにしましょう。


小さな子犬は私たちのすべてのケアを必要とします。私たちは、常に家の中で、子犬が良い行動をとるよう、忍耐強く、最初のルールを教えなければなりません。新しい家に適切に慣れさせるためのアドバイスが以下のとおりです:

・犬を飼うことは、数年続く大切な覚悟であることを決して忘れないでください。犬の寿命は、平均して15年で、私たちは愛犬を生涯に渡り、世話をする必要があります。

・私たちが子犬を飼う場合、新しい家に慣れるまで、苦労する可能性があるため、最初の夜は大変になる可能性があります。安全で安心できるようにするのが私たちの義務です。


・子犬が、何も敷いていない床で寝ることがないように、非常に寒いので気を付けて下さい。安心して休めるために、チクタク音がする時計を子犬の寝床の脇に置くことも一つの方法です。あまりに静か過ぎても良くありません。手でくすぐることも、子犬にとって飼い主のそばは安全な場所だと感じるでしょう。

・子犬が家の中を荒さ無いよう、その周りにあるすべてのものを噛むことのないように、忍耐強く、徐々に子犬に理解させる必要があります。子犬にとって、お漏らしは、一般的であり、何でも飲み込むことで、周囲の世界を理解するようになります。幸運にも、これらの習慣は成長とともに消えてしまいます。

・子犬が食事をし、夜通し寝る場所、暮らす場所を(到着から最初の2〜3日以内に)を決めます。子犬はこれらのルールを守るようになります。


・子犬が荒らさない場所を決めることが大切です。壊れたり破壊したりする可能性のあるものから遠ざけ、好奇心を払拭できる、色々な玩具を利用できるようにしなければなりません。

・子犬は成犬とは異なる生理的なニーズや、より多くのエネルギーを持っています。このため、幼児期の段階では、散歩を強化し、子犬と成犬の両方の犬と遊ばせ、社交性を向上する機会を増やさなければなりません

・少なくとも最初の数か月は、リードは着けたままにしましょう。すべての騒音に慣れていない子犬は、何かに恐れ、私たちが常にコントロールすることができない反応(例えば、いきなり道に向かって走り出す等)を起こすことがあります。
 


・子犬は、法律で定められた予防接種を受けなければならず、マイクロチップを装着する必要があります。又、子犬の名前と電話番号を表示したプレートを付けていれば、どこかに行ってしまった場合、役に立ちます。

・フードは、1日3回(午前、午後、夕方)に給与すると良いでしょう。又、食後、直ちに歩き回ることはお勧めしません。これは消化器系にいくつかの問題を引き起こす可能性があるからです。少なくとも2時間待つことが望ましいでしょう。

 



以上のファーストステップ、ファルミナの専門家のアドバイスも踏まえ、子犬は、これから自分の世界で、成長の段階を歩んでいきます。


 
おすすめのペットフード:〈チキン&ザクロ〉中小型犬子犬用