・低グリセミック指数が重要です

犬や猫は肉からタンパク質を摂取し必須アミノ酸を得られるようにできています。肉中心の食事で栄養は捕えるため、犬や猫にとって本来、炭水化物はほとんど不要です。もちろんペットにも全く同じことがいえますが、ペットフード業界では、40%〜60%の食品が炭水化物を含んでいます。この炭水化物には穀物の炭水化物が多く使用されています。問題は食後直ぐに血糖値が上がり、犬や猫の体に負担をかけてしまうことです。

グリセミック指数は食品ごとの血糖値の上昇度合いを間接的に表現する指数です。グリセミック指数が低い食品は、消化のスピートが遅いためにより良く吸収されます。従って、肉体的な負担が軽減されると同時に、栄養吸収効果が高まります。しかし高グリセミック指数の食品は、人間と動物の両方において肥満や糖尿の原因となってしまいます。

当社は、肥満、ニュータード、糖尿、関節に配慮し、GMOフリーの古代穀物(スペルト小麦やオーツ麦)を使用し、低グリセミック指数で成分設計しています。低グリセミック指数には、消化のスピートが遅いためにより良く吸収されるため、食後の血糖値上昇を緩和する機能があります。