・犬や猫は肉食動物?

なぜ犬や猫は肉食動物と言われるの?
犬や猫は他の肉食動物と同じように進化し、肉中心の食事で栄養を摂取しています。犬や猫の先祖は獲物に合わせて消化システムを適用してきましたが、肉中心の食事を好みます。下記は、愛犬や愛猫が肉食動物として理解しておくべき5つの理由です。

1. 唾液中に消化酵素であるアミラーゼがない
炭水化物を処理するために、無理して大量のアミラーゼを生成しようとすると、膵臓に大きな負担がかかります。
2. 短くてシンプルな消化管
胃酸のpH値が高いため、タンパク質と動物脂肪が短い消化管内で、直ぐに消化しやすくなります。
3. 歯とあごの構造
大きな塊を飲み込むための広く開ける口。食物をかみ砕くために適した短くて鋭い歯。
4. 糖新生
タンパク質と脂肪を主なエネルギー源として使用し、炭水化物は使用しません。
5. インスリン反応
炭水化物が豊富な食品は、高いインスリン反応の原因となり、体脂肪としてブドウ糖が蓄積されます。

「ナチュラル&デリシャス」は、肉食動物である犬や猫の特徴を研究し開発されました。穀物を一切使用していない「グレインフリー」と古代穀物(スペルト麦とオーツ麦)のみ低用量使用した「ローアンセストラルグレイン」の2種類の製品ラインです。